何もしない

ラ-ニング(学び)からノウイング(知っている)へ

ラ-ニング(学び)からノウイング(知っている)へ

  老子にこんな句があります。 学問をするときには、日ごとに学びが増してゆく 道を行うときには、日ごとにすることを減らしてゆく 減らしたうえに、また減らし 最後は何もしないところへゆきつく この何もしないことによってこそ、すべてのことがなされる これまでの世の中の美徳は『学ぶこと―ラーニング―』にありました。...

Return Top