リトリート

エジプトアカシックリ-ディングツア- 最古のホーリープレイスでの儀式と神話の記憶を辿る5日間

エジプトアカシックリ-ディングツア- 最古のホーリープレイスでの儀式と神話の記憶を辿る5日間

満席となりました。
募集開始2時間で予想をはるかに超えるお申し込みをいただきました。
本当にありがとうございました。
ただいまキャンセル待ち受付をさせていただいております。 

齊藤つうりエジプトアカシックリーディングツアー
-最古のホーリープレイスでの儀式と神話の記憶を辿る5日間-

齊藤つうりよりご挨拶

エジプト-。
この土地ほど、人類の偉大な過去に向かって、大きな夢の扉が開かれる場所は存在しないのではないでしょうか?

古代の叡智そのものともいえるエジプトの遺跡たちは、人類がかつて何を見、何を感じていたのかを私たちに想起させてくれます。
現代の技術が進めば進むほど、エジプトの遺跡たちが持つ謎は深まってきています。たとえばピラミッドの建築には、天文学、数学、地理学などあらゆる要素が含まれており、それらの複合した要素を実際に建築物として表すには、いったいどのような文明水準がその背景にあったのかについては、現代の研究ではまだまだ届かないところにあると言われています。

歴史を紐解くとき、私達は文明の痕跡である遺跡、文書などを基にいったいそこで何が起こっていたのかを「推察」します。

しかし少し考えてみてください。もし私たちがいま体験している文明が滅んだとして、その5000年後に掘り起こされたものから、私達の生活やありようなどが、どのくらいまで解析できるでしょうか?おそらく実際の体験のほんの数パ-セントほどしか、理解されないのではないでしょうか?

さて。
あなたがエジプトに訪れる機会があるとしたら、あなたは何を目的とするでしょうか?
遺跡を見る事、触れる事、味わう事。つまり体験をすること。
それらも確かに大切な旅の要素です。

しかし私はもうひとつの要素を提示したい。

それは思い出すこと。

すべては縁によって結ばれていると仏教では説きます。
もしあなたがエジプトの大地を踏むことがあるなら、あなたは必ずエジプトとの縁によって結ばれている人なのでしょう。
古代の叡知の断片を私たちは、文献や、遺跡から知ることができます。
しかしもしあなたがエジプトに縁を持つ人なら、あなたはそこで何があったのかを思い出すことができるかもしれません。

このツアーは長年の私の念願が叶い、エジプト各地にてアカシックリーディングを行い、あなた自身の魂の断片を取り戻すための五日間。

旅が進むにつれ、歴史が提示してくれるかつてのエジプトといったものを超え、あなた自身にとってのエジプトのありようを、ありありと浮かび上がらせてくれるはずです。

またギザのピラミッドがオリオンの三つ星を中心としていることはあまりにも有名ですが、エジプトの古代の叡知とは、あまりにも壮大な「宇宙としての自己」を基に生み出されています。

そう。このツアーの目的のもう一つは、エジプトの叡知である「宇宙としての自己」を取り戻すことであるとも言えます。

そのために必要な儀式を行うため、通常は禁足地とされている、エジプト最古の聖域へと入る許可を特別に得ることができました。

この聖域は「宇宙としての自己」を、展開していく為の装置としてかつて使用されていました場所です。かつてここに集ったマスタ-たちは、「宇宙としての自己」としての記憶を完全に保持し、やがて訪れる時代のために、またここに集うと約束し、エジプトの文明の基礎を構築したのです。

少し長く書きすぎました。

このツアーを綿密にプラニングし、実際に旅を共にしてくださるTomokoさんに全面の信頼を置いています。

私自身もこのツアーを最高の喜びとして体験する意図を持ち、このツアーの募集を開始します。

さあ。いよいよエジプトへ!

齊藤つうり

 
【当ツア-企画 Tomokoよりメッセ-ジ】

「エジプトにはいつか行ってみたい」そう思っている人は多いと思いますが、なかなかきっかけがなく、1歩が出ない。
私もそんな中の一人でしたが、初めてエジプトを訪れた際、土地とそこに住む人のエネルギーを感じました。
古代より守られている遺跡と、それを受け継ぎ伝えていく人々。
圧巻の景色が日常の中に溶け込んでいて、「宇宙」とか「神聖な」という言葉よりも「古から現代まで一つにつながっているんだ」ということを強く感じました。
土地にしっかり根を張った人間の力ともいうべきものです。
今まで、点と点だったものが、線でつながり、自分の中で一つにまとまるのを感じました。
観光名所をまわるだけでは、絶対に味わえないこの私が見たエジプトを体験してもらいたい。
そういう思いでツアーの行程を組み立てました。
普通のツアーではなかなか訪れることができない場所、入場制限されていて一般開放されていないところにもベテランガイドが案内してくれます。
一番の見所は、エジプト最古と言われる、ホーリープレイスです。
一般公開されておらず、政府関係者との交渉の末にようやく許可を得ることができました。
この聖地にて齊藤つうりが儀式を行います。
また、各ピラミッドや訪れる場所で、神聖なエジプシャンエッセンスオイルをつけていただき、アクティベイトしてから中に入っていただきます。
代々続くオイル商人の方が伝統的に、場所ごとに使うエジプシャンエッセンスを用意してくれます。
それぞれの場所でどんなオイルが使われるかは香りとともにお楽しみに。
今回のガイドはエジプトのカイロで、何世代にもわたり旅行会社を営むMr. Elhelwのファミリーです。
Elhelwファミリーのホスピタリティーの素晴らしさの噂を聞き、世界中からお客様がやってくるほど。
皆様と忘れられない体験と旅ができることを楽しみにしております。

◆ツア-スケジュ-ル

1日目 November 17th Saturday

カイロ国際空港にて7:00AMお出迎え
エジプト人ガイドが皆様をカイロ空港でお迎え。

ギザの三大ピラミッドへ
専用バスで移動。
奇跡とも言える巨大建造物。世界最大の石像建築のクフ王のピラミッド、クフ王の息子カフラー王建造のピラミッド、カフラー王の息子のメンカウラー王建造のピラミッドを訪れます。
またピラミッド内部へと入っていきます。


ギザのスフィンクス 長さ73M、高さ20M。世界最大のスフィンクス。

キャメルライド ラクダに乗ってゆっくりと砂漠の中でピラミッドを眺めてみましょう。

ガイドさんたちが、ラクダに乗っている、参加者の皆様の写真撮影をします。 

ホテル(ル・メリディアンピラミッド・ホテル&スパ)

ホテルのプールやお部屋からはギザのピラミッドビューが楽しめます。
5スターのホスピタリティーでくつろぎの時間を。 
 



ウェルカムエジプシャンディナー

伝統的なエジプト料理でウェルカムディナー。地元で人気のレストランです。

2日目 November 18thTuesday

サッカラへ 古代エジプトの首都メンフィスのネクロポリス、巨大な埋葬場所

ジョセル王が建設した世界最古の階段ピラミッドを中心に神殿などがあるピラミッドコンプレックス。世界最古とも言われ宗教文献が見られるウナス王のピラミッドテキスト、ガゲムニのマスタバ墳、美しすぎるセラピウムなどを訪れます。


ウナス王のピラミッドテキスト↑2016年まで長い間閉鎖されていましたが、現在は入場できます。




↑(階段ピラミッド)

  Holly of the Holiesと呼ぶにふさわしいエジプト最古のセレモニーが行われていた場所へ

現在も一般公開されることなく、大切に残されているホーリープレイス。限られた人のみ入場が許されます。今回、リトリートメンバーだけが特別に政府関係者から入場許可をいただきました。ここで齊藤つうりが儀式を行います。セキュリティー関係者以外は完全貸し切りで過ごせます。多くのエジプトファンが1度は入ることを夢見ている場所に皆様をお連れします。全ては訪れるまで秘密の場所です。

エジプシャンレストランにてディナー

 カイロの大バザールへ

活気に満ちたナイトマーケットの雰囲気を楽しみます。路地裏のお店まで入れると、とても一晩では見ることができないくらいの大規模なマーケット。水たばこを試せる喫茶店もたくさんあります。夜になると、エジプシャンランプが素敵です。 



ホテルへ

3日目 November 19th Wednesday  

アレキサンドリアへ 地中海デルタ地帯にある「地中海の真珠」アレキサンドリアへ向けて出発。専用バスで約2時間。プレトマイオス王朝時代の首都として栄えた場所。美しいビーチリゾート、エジプト第二の都市。

 

アレキサンドリア市内観光

海岸沿いを歩くだけでも十分に楽しめる、アレキサンドリア。

コム エル シュカファのカタコンベ(ファラオ時代のエジプトとグレコローマン時代の文化が入り混じったスタイル、エジプト最大墓地。エジプト神話とギリシャ神話が描写された墓など)

 オーシャンビューのレストランで最高のシーフードランチ

アレキサンドリアで一番美味しいとガイドが絶賛するシーフードレストランです。店内では焼き立てのフラットブレッドが食べられます。「ガンバリマクリー」と発音するエビを揚げたメニューが絶品。新鮮な豪華シーフードランチ。オーシャンビューのレストランです。 

ポンペイの柱 小高い丘に広がる遺跡群、一本だけ立つ高さ30Mの巨大なコリント式の柱

カイトベイ要塞 岬の先に立つアレキサンドリアのシンボル。ロマンティックな雰囲気で、デートスポットでもあります。

 カイロへ向けて出発 バスで約二時間 

ローカルレストランにてディナー

 4日目 November 20th Thursday


↑カイロ市内

エジプト考古学博物館へ ツタンカーメン王の黄金のマスクをはじめ、財宝、ラムセス二世のミイラ、素晴らしい出土品の数々との出会いをお楽しみください。

イスラーム地区へ

カイロを見下ろすことができる城塞都市、シタデルを訪れます。オスマン様式の巨大なムハンマド・アリ・ムスクなど。
モスクを中心としたイスラームの建物をめぐり、世界遺産の街並みを歩きます。 


その他にも古いスペシャルなモスクを訪れます。

ガイドさんからのサプライズです。 

ナイル川ディナークルーズ

エジプトツアー最後。ベリーダンス、豪華お楽しみディナー、素晴らしいナイル川沿いの夜景をお楽しみください。

 

5日目 November 21st Friday

10:00 チェックアウト、カイロ空港へ向けて出発

空港にて解散
ツアーガイドとサポート担当者が、空港チェックインをお手伝いします。

 

募 集 要 項

イベント名:齊藤つうりエジプトアカシックリーディングツアー・最古のホーリープレイスでの儀式と神話の記憶を辿る5日間

日程:2018年11月17日(土) ~ 11月 21日(水) 4泊 5日 定員 20名

場所:エジプト

参加費:早割りA$3,880 (約35万円 1ドル90円換算の場合) 通常価格A$4,110(約37万円 1ドル90円換算の場合)※換算レートは変動します。

(GST10%込み)

リトリート参加費に含まれるもの:

経験豊かな現地ツアーガイドと通訳、宿泊費(ツインシェアのお部屋)、全食事、専用貸し切りバスでの移動、エンターテイメント、観光施設入場料、エジプト最古のホーリープレイスにて貸し切りでの齊藤つうりによる儀式、各場所でのワーク、瞑想、VIP待遇で各箇所を巡ります

*アルコール類、海外旅行保険料は含まれておりません。

主催者:エジプトツアー会社 My Great Egypt Tours (“MGET”) 

予約代行:Reborn in Australia (“RA”)

同行メンバーブッダプログラム 齊藤つうり、Reborn in Australia Tomoko Ueno

詳細ご案内、持ち物などの詳細は、参加確定者に個別にご案内いたします。

当日の集合場所/時間:

エジプトカイロ国際空港ロビー/7:00AM

待ち合わせの詳細などは、参加者にご案内致します。

  • このワークショップの希望者は全員海外旅行保険にお申込の上ご参加ください。
  • パスポートがない方は、至急ご取得ください。

 

参加費のお支払いについて:

  • お申込みから3日営業日以内に申込金A$1,100をお支払いください。入金確認順に参加を確定させていただきます。
  • 早期割引は4月17日火曜日までとさせていただきます。
  • 7月30日までに参加費の全額(A$1,100を申込金とさせていただきます)をお支払いください。
  • 申込金(A$1,100)は、個人都合によるいかなるご事情の場合でもご返金いたしませんので予めご了承ください。
  • お支払い方法につきましては、クレジット決済(オーストラリアドル決済+3%クレジットカード手数料)がご利用いただけます。分割払いは承りません。
  • 日本円で銀行お振込みをご希望の方はご相談ください。
  • 豪ドルの為替は現在1豪ドル90円で換算させていただいておりますが、レートは常に変動するため、日本円での表示は現在の換算レートの目安の金額となります。

 

キャンセルについて:

(キャンセルポリシー)いかなる事情が生じましても、申込金(A$1,100)は返金いたしません。

その他、旅行代金(申込金を除く残額)より以下をいただきます。

  • 旅行開始日の70日前にあたる日以降に解除:旅行代金の50%
  • 旅行開始日の前日に解除 :旅行代金の80%
  • 旅行開始日の当日(出発前)に解除:旅行代金の100%
  • 旅行開始後の解除又は無連絡不参加 :旅行代金の100%
  • クレジット決済いただいた場合は、決済に係る手数料も返金いたしません。
  • 返金の際の振込みや送金に係る手数料はお客様のご負担となります。
  • 返金日などは個別に相談の上、金融機関の口座に返金いたします。

お申込みはこちらから↓

reborninaustralia@gmail.com

お名前、メールアドレスをご記入の上、参加希望をEメールにてお知らせください。24時間以内に、正式なお申込みフォームを送らせていただきます。

お問い合わせ当リトリートに関するご質問も、reborninaustralia@gmail.com

よりお願い致します。

 

Return Top