ブッダプログラム

2016年お世話になった皆さまへ

2016年お世話になった皆さまへ

本年も残り2日となりました。

2016年もそろそろ終わりを迎えようとしています。

本年もお世話になった皆様へ、こころからの感謝をお伝えしたいとおもいます。

今年も引き続き、私と関わってくださった皆さま。

そして今年はじめてご縁をいただいた皆さま。

ほんとうにほんとうにありがとうございます。

みなさんとの出会いと関わり合いの瞬間瞬間が、私の人生そのものなんだと感じています。

2016年のスケジュール帳を見返してみると、なんとまあいろんな活動をしてきたことか。

書き出したらキリがないので書かないことにしますが、

どのイベントもワークもスクールもリトリートも、

本当に「ぎっしり」と大切な何かがつまっています。

みなさんと交わした言葉のひとつひとつや、言葉にならない想いのひとつひとつを、いまはっきりと思い出すことができます。

私の感謝の瞑想のなかで繰り返す言葉なのですが、

出会ってくれて、ありがとう。

あなたがあなたでいてくれて、私はほんとうにうれしい。

あなたは私の祈りです。

これらの言葉が本当にいまの瞬間にぴったりです。

この言葉を、みなさんのためにいま繰り返したいと思います。

2016年お世話になった皆様。

出会ってくれて、ありがとう。

あなたがあなたでいてくれて、私はほんとうにうれしい。

あなたは私の祈りです。

そしてこの言葉は、私の家族にもそのまま伝えたいと思います。

特に今年は、息子が私達のところへやってきてくれたこともあって、

この年末の感謝の祈りは特別なものに感じられます。

私の家族。妻の麻美と息子の五大。

出会ってくれてありがとう。

あなたがあなたでいてくれて、私はほんとうにうれしい。

あなたは私の祈りです。

私がずっと昔から探していたものは、こういう出会いなんだと心から感じています。

なんのとらわれもなく、愛という言葉すら必要なく、

ただお互いが開いて、その瞬間に相手と出会うこと。

なんの意味づけも必要なく、生命がひらき、通い合う事。

最後にもう一度この言葉を繰り返して、皆さんへの感謝の挨拶とさせていただきます。

出会ってくれて、ありがとう。

あなたがあなたでいてくれて、私はほんとうにうれしい。

あなたは私の祈りです。

そしてどうぞ来年もよろしくお願いいたします!!

追。

写真は本日12月30日に山梨県の御坂峠で撮影をしてきました。寒かったので一瞬で撮影したのですが、五大の表情がアレですね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

Return Top