仏教

死を通じて人は人生を語る

死を通じて人は人生を語る

少しおくれてしまいましたが、お彼岸のお話。

「彼岸」とはあの世のこと。

そして対になる言葉は「此岸(しがん)」。

これはこの世のことをあらわしています。

四季のなかで、春分と秋分は、陰陽のバランスが最もとれた日。

このことから、あの世とこの世のバランスが最もとれた日として、自分自身の中心に意識をあわせやすい、ということで、寺へでかけるのです。

そしてこのお彼岸の時期というのは、亡くなる方が多い時期でもあります。

僧侶たちの間では、この最もバランスのとれた時期である、お彼岸の時期前後に亡くなる方は、

「寿命を全うしきった方」

だと言われています。

私は多くの死に関わり、

人は「死に方」を

自分自身で決めていると感じています。

家族と離れたそのときに、消えるように、亡くなってしまう方。

事故で離れた土地で亡くなる方など。

それぞれですが、この世を離れる最後のタイミングを

どのようなやり方で、意識をこの世から移行させていくのかということは、

ご本人が決めていらっしゃる。

私の母方のおじいちゃんは、小学校の校長先生でした。

彼は58歳で小学校の運動会の催しで、綱引きをみんなに混じり、行い、

頭痛をうったえて、

少し休むといって、校長室のソファで寝ころび、そのまま亡くなりました。

脳溢血でした。

私が生まれる前の出来事ですが、私の家のなかではよく語られる出来事のひとつでした。

祖母はくやしそうにこの出来事を話、

母は校長をまっとうした人生をいとおしそうに話します。

私の家族はこの事件をとおして

おじいちゃんという人を惜しみ、愛し、評価していました。

この話をきいたとき、

「死に方を通じて、その人生は語り継がれる」

あるいは

「死を通じて、人はこの世に語りかけるのだ」

ということが、はっきりと私の内側で意識されました。

それから僧侶として、多くの人の死を見てきました。

どの方もその人の亡くなり方は、本当にその人らしい。

死を見ると、その人自身の人生がうきぼりになります。

死に関わるとき、私たちはいつも自分主体で死をとらえてしまいます。

何ができなかったか、どうしてあげたかったのか、などの想いが私たちを包むことがあります。

ですが。

死を通じて、その人は何を語っているのか-。

そんな視点で、死者をとらえると

それはそのまま死者との会話であり、

供養となります。

Return Top