ブッダプログラム

怒りの自己認識 5つのレベル③

怒りの自己認識 5つのレベル③

◇怒りの自己認識5つのレベル

レベル3
怒っているあなたは「本当に得たいものがわかっていない」ということを知っていますか?

この言葉は多くの人に抵抗をもたらすかもしれません。

怒りは単に怒りであって、自分自身は何も間違っていないと感じることもあるでしょう。

しかし実際には、怒りに包まれたあなたは、本当に得たいものがわかっていないのです。

怒りはあなたの明晰性を奪います。

たとえばテロの事件があったとき、犯人に対して民衆は怒りを覚えます。

犯人を罰することを皆が望みます。

そして首相も怒りに同調し、報復を意図します。

だけどもしその怒りを「私たちは本当に得たいものがわかっていないのだ」という気づきへと導くことができるとしたらどうでしょうか…?

実際に皆は、犯人や相手の国が滅ぼされることを望んでいるのでしょうか?

ひょっとしたらまったく逆の、お互いの理解と調和を望んでいるのではないでしょうか?

忘れないでください。

あなたが怒っているとしたら、それはあなたが本当に得たいものがわかっていないのです。

本当にしたいこと、ではありません。

「得たいもの」がわかっていないのです。

これは自分のことをある程度見つめていかないと、見えてこない部分です。

ですので、じっくり考えてみる必要があります。

あなたが本当に得たいものは何でしょうか…?

 

8月11日(祝日・木曜日)
ブッダプログラム「怒りの解放とマインドフルネスワークショップ」を開催します。
詳細は
こちら

Return Top