ブッダプログラム

怒りの自己認識5つのレベル①

怒りの自己認識5つのレベル①

8月11日(祝日・木曜日)
ブッダプログラム「怒りの解放とマインドフルネスワークショップ」を開催します。
詳細はこちら

◇怒りの自己認識5つのレベル

今年の年頭にアカシックリーディングを行い、
2016年は怒りの解放が大きなテーマであると私はいろいろなところでお伝えしてきました(動画はこちら)。

人間の根本にある怒りをどのように自分で理解して、解放していくのかについて、

怒りの自己認識の5つのレベルという形でまとめてみました。

一つずつ紹介をしていきたいとおもいます。

 

あなたの内側に怒りがあることがわかっていますか?

怒りは炎のようなものです。

あつかい方を誤るなら、それはあなた自身を燃やし尽くし、破壊してしまうでしょう。

しかしその炎を消してしまうなら、あなたは人生に対する情熱を失ってしまいます。

怒りはあなたの一部。

罪を犯した自分の手を罰するために、自分で切り落としたりはしないように、怒りによって破壊的な状況がもたらされたとしても、それをなくそうとすることはとても愚かなことです。

まずは怒りを邪魔なものとせずに、あなたの一部であると認めること。

そして怒りがないふりをしないこと。

ここから怒りの自己認識のレベル1がスタートします。

齊藤つうり

■幸せは個人の問題ではない

あなたは怒り苦しんでいることを、相手に伝える必要があります。
これはとても重要なことです。

怒っていないふり、苦しんでいないふりはしないでください。
もし相手があなたにとって大切な人であるならば、あなたが怒っていること、苦しんでいることを告白しなければなりません。
ただし、落ち着いて相手に伝えるのです。

真の愛にプライドはありません。

苦しんでいないふり、怒っていないふりをするのは、プライドによるものです。

「怒る?私が?なぜ私が怒らなければならないの?私は大丈夫」。

でも実際には、大丈夫ではなく、地獄にいるかのようです。

怒りがあなたを燃やし尽くそうとしています。

ですからパートナーに、息子に、娘にそれを伝えてください。

私たちは「幸せになるためにあなたなんて必要ないわ!私はひとりでいいの!」と言いがちです。

そして自分の部屋に入り、鍵をかけ、いかに相手が必要ないかを最大限に示そうとします。
これはとても人間らしい、よくある傾向ですが、賢明な態度ではありません。

-中略-

幸せは個人の問題ではありません。

もしあなた方のどちらかが幸せでなければ、相手が幸せでいることは不可能なのです。

『怒り 心の炎の静め方 ティックナットハン 株式会社サンガ発行 P076-077』

 

Return Top