ブッダプログラム

ブッダプログラム:投稿記事

あなたの個性は暴れ牛-個性化のプロセスについて-

あなたの個性は暴れ牛-個性化のプロセスについて-

「個性を伸ばす」「個性を発揮する」 そういった言葉を私達はよく耳にします。 そしてときにはそれはとても聞こえがよく感じられることがあります。 すごく簡単に言えば、一般的に個性を発揮するということは 「まわりがどうであろうと、そのひとらしくいられる」という印象があります。 この場合の「いい感じ」は、のびのびとしている雰囲...

自己実現と個性化のための「十牛図」ワークショップ募集開始

自己実現と個性化のための「十牛図」ワークショップ募集開始

自己実現と個性化のための「十牛図」ワークショップ  この十牛図ワークショップは、あなたがあなた自身を知り、「なれる最高の自分」になるための個性化のプロセスを、最速なものにするための二日間です。わたしが本当にやりたいことって何?わたしの生きがいは何?そもそもわたしって何なんだろう? 人生の大切な場面に出会ったとき、私たち...

家系の連鎖から自由になるには?

家系の連鎖から自由になるには?

先祖供養セラピーワークショップ無限の愛の源とつながる自己統合セラピー2017年3月18-19日(土・日)開催お申し込み受付中→満席となりました。ワークショップ詳細・お申し込みはこちら ■家系の連鎖から自由になるためには? 現代の才能開花のプログラムなどで、潛在意識や体の意識とつながり、本来の自分を解放するという手法が存...

先祖供養セラピーワークショップ募集開始

先祖供養セラピーワークショップ募集開始

2017年3月18-19日(土・日)開催!!満席となりました。たくさんのお申し込みありかとうございました!!先祖供養セラピーワークショップ無限の愛の源とつながる自己統合セラピー ■ワークショップ概要 先祖とは既に死んでしまった人達のことではありません。それは今、この瞬間も私たちとつながり続け、人生を動かしている「家系の...

2016年お世話になった皆さまへ

2016年お世話になった皆さまへ

本年も残り2日となりました。 2016年もそろそろ終わりを迎えようとしています。 本年もお世話になった皆様へ、こころからの感謝をお伝えしたいとおもいます。 今年も引き続き、私と関わってくださった皆さま。 そして今年はじめてご縁をいただいた皆さま。 ほんとうにほんとうにありがとうございます。 みなさんとの出会いと関わり合...

アカシックレコードと縁について

アカシックレコードと縁について

私達の通常の物事の見方やとらえ方は、善悪の判断基準であるジャッジメントによって成り立っていますが、もしあなたがアカシックレコードに深くつながったなら、一切のジャッジメントなく、出来事をありのままに見ることができます。 人生で起こる大きな出来事にはそれを生み出すきっかけとなった起源が必ず存在します。 通常の私達の視点は、...

自殺について-こうだったはず・「恥」を手放すこと-

自殺について-こうだったはず・「恥」を手放すこと-

自殺について お葬式の現場にいると、どれほど自殺の方が多いのか肌身に感じます。 いま日本の年間の自殺者は3万人と言われています。 これほど自殺率が高い国は日本だけなのですね。 現代の日本にとって、自殺は本当に考えなければいけないテーマです。 そして恥と自殺は実は関係が深いものだと私は考えています。 日本人の真面目さ、モ...

共振

共振

「共振」 何かこころに残る体験や、 感動をしたとき。 そこには記憶がたしかにあるけれど、 一番残るのは、 「共振」 の感覚。 自分の内側にずっと昔からあったけれど、 現実として現れたことが一度もなかったものが、 目の前にひらかれたとき、 あ…!!! と、感じるその感覚。 共振。 自分の内側と現実の外側がひかれあい、 ふ...

「怒りの解放とマインドフルネスWS」アンケート&ご感想

「怒りの解放とマインドフルネスWS」アンケート&ご感想

怒りの解放とマインドフルネスワークショップ ー怒りを情熱と生きがいへと変容させるー8月11日(祝・木)「怒りの解放とマインドフルネスワークショップ」にお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。 ご参加された方々よりアンケート&ご感想をいただきました。 お忙しい中、貴重なご感想・ご意見をありがとうございます。...

怒りの自己認識5つのレベル⑤

怒りの自己認識5つのレベル⑤

◇怒りの自己認識5つのレベルレベル5「助けてください」 最後のステップは、相手に助けてください、と伝えることです。 怒りの解放はある部分までは自分でも行うことができるでしょう。 しかしあなたが大切な家族やパートナーと毎回ぶつかってしまうのなら「私は怒っています。私は傷ついています。ですが、私はなんとか最善を尽くしていま...

弥山ビジョンクエスト-日本古来のマスターたちと共にビジョンを掴む-

弥山ビジョンクエスト-日本古来のマスターたちと共にビジョンを掴む-

満席となりました。キャンセル待ちを受け付けをさせていただいています。 ■2016年9月22-23日秋分 「弥山ビジョンクエスト」 2016年9月22-23日。 秋分の微細なエネルギーポイントのシフトとなるこの日に、広島弥山・山頂の宿坊にて、ヴィジョンクエストを行います。 ヴィジョンクエストとは、通常の意識状態では得られ...

怒りの自己認識5つのレベル④

怒りの自己認識5つのレベル④

◇怒りの自己認識5つのレベル レベル4あなたは怒っている相手と、何を共有できていて、何を共有できていないか知っていますか? このレベルまで来ると、すこし難しく感じるかもしれません。 ですが、事実はとてもシンプルです。 私たちはお互いを知らないために、傷つき、ぶつかり合っているのです。 相手と共有しよう、分かち合おうとす...

怒りの自己認識 5つのレベル③

怒りの自己認識 5つのレベル③

◇怒りの自己認識5つのレベル レベル3怒っているあなたは「本当に得たいものがわかっていない」ということを知っていますか? この言葉は多くの人に抵抗をもたらすかもしれません。 怒りは単に怒りであって、自分自身は何も間違っていないと感じることもあるでしょう。 しかし実際には、怒りに包まれたあなたは、本当に得たいものがわかっ...

怒りの自己認識 5つのレベル②

怒りの自己認識 5つのレベル②

昨日から引き続き、怒りの自己認識5つのレベル。 今回はレベル2。「怒りは傷ついていた想いの副産物」。   怒りは単に怒りだって、思いたい。 は?傷ついている? 自分は関係ないし。相手が悪いだけ!と思いたい。突然だけど、私は家がちらかっていると、なんだか怒りがわいてくるタチです。 きれい好きはいいことだけど、度がすぎると...

怒りの自己認識5つのレベル①

怒りの自己認識5つのレベル①

8月11日(祝日・木曜日)ブッダプログラム「怒りの解放とマインドフルネスワークショップ」を開催します。詳細はこちら ◇怒りの自己認識5つのレベル 今年の年頭にアカシックリーディングを行い、2016年は怒りの解放が大きなテーマであると私はいろいろなところでお伝えしてきました(動画はこちら)。 人間の根本にある怒りをどのよ...

怒りの解放とマインドフルネス ワークショップ募集開始

怒りの解放とマインドフルネス ワークショップ募集開始

  怒りの解放とマインドフルネス ワークショップ -怒りのエネルギーを情熱へと変容させる- 爆発しそうな怒りや、表現できないけど鬱積した怒りを、完全に解放し、情熱と生きる力へと変容させるための1日のワークショップです。 2016年8月11日(祝日・木曜日)  10時-18時→残席5(8月2日現在) 誰もが持っ...

先祖供養ワークショップアンケート結果

先祖供養ワークショップアンケート結果

先祖供養ワークショップは、大変人気がある講座で、今回もキャンセル待ちの方がいらっしゃいました。 ご参加できなかった方々も含め、多くの方にご縁をいただき、講師共々心から感謝申し上げます。  先祖供養ワークショップを通して、皆様と深遠な体験を共有できたことは本当に嬉しく、今後のワークショップもより良いものにしていけますよう...

先祖供養ワークショップ終了

先祖供養ワークショップ終了

先祖供養ワークショップー家系のブロックを解放し、無限の愛の源と繋がるー 昨日、開催してまいりました!ご参加いただいた皆様、お越しいただき、本当にありがとうございました。  この先祖供養ワークショップは、以前にも東京や地方で行っており、今回は5回目の開催。 齊藤つうりの長年の経験を基にしていますが、参加者の皆様の意図によ...

偉大な神秘体験をして、光に包まれ、師匠にぶん殴られるのは何故か?

偉大な神秘体験をして、光に包まれ、師匠にぶん殴られるのは何故か?

自分とは何か。 人類が何万年もかけて、散々語り尽くされてきたテーマのひとつですね。 自分探しをしなさいとか あるがままがいいとか、 固定的な視点だけでは、自分が何かというものはなかなかみえてきません。 西洋と東洋。 物質と非物質。 役割と本質。 肉体と魂。 要は、このふたつの架け橋となっている存在が自分です。 どちらだ...

死者があなたに託すこと-供養のほんとうの意味-

死者があなたに託すこと-供養のほんとうの意味-

  質問:最近、家族が亡くなったのですが、一番の供養はなんですか。 つうり:亡くなった直後の一番の供養というのは、先程お話ししたように、私たちが認めてあげるということなのですが、その後、何年も継続してできる供養というものがあります。 その話に入る前に、先祖ということについて少しお話しようと思います。 皆さん一...

Return Top