ブッダプログラム

忙しさの病-幸せになるために必要なことは?-

忙しさの病-幸せになるために必要なことは?-

「忙しさの病」

現代では全員がかかっている病があります。

それは忙しさの病。

何かを得るために、何かをする。

これはあたりまえのことですよね。

ですが、これは本当でしょうか?

よく考えてみてください。

何かを得るために、何かをする。

この常識に私たちがどれだけ入り込んでいることでしょうか?

現代のシステムはより大きなエネルギーを必要とし、不要なものを吐き出す、巨大な歯車のようなものです。

そして目的は「ただ回し続ける」ということだけなのです。

あなたの生活を少し振り返ってみましょう。

もしあなたの生活が、回し続けることに必死になっているとしたら、それは現代の忙しさのシステムに呑まれてしまっています。

それがたとえスピリチュアルな事柄であっても、他の人を助けるための活動であっても、

忙しさの病であることには変わりありません。

もちろんこれがとても一方的な言い方であることは私にもわかっています。

だけど知ってほしいのです。

どれだけ私たちが、「ただ回し続けること」に必死になっているのか。

そのために、命と時間を費やしているのか。

労力を費やし続ければ、

いつか成功すれば、

私たちは幸せがやってくると信じています。

つまり

「何かをやれば、何かが得られる」

と信じています。

しかし、いったいその「いつか」はいつやってくるのでしょう…?

明日?一年後?それとも10年後でしょうか?

この

「何かやれば、何かが得られる」

という、期待を利用した現代のシステムによって、ここに居つづけることになる。

そしていつかやってくる幸せ、という幻想に向かって進んでいるものの、それを本当の意味で得ている人は誰もいない。

これが現代に生きる私たちの疑いようもないリアルな現実ではないでしょうか?

私たちはそろそろ気づく時が来ています。

何が「幸せ」なのかが、私たちはわからなくなっていることに。

CMや広告で示されるような「幸せないつか」は、何をやっても得られないということに。

何よりも大切なのは、

目の前にある一瞬一瞬であるということに。

今朝あなたは、大切な家族に「誰よりもあなたが大切なのだ」と伝えましたか?

今日あなたは、目の前の大切な人に「愛している」と言えたでしょうか?

そして目の前の食事を、本当の意味で味わって食べることができたでしょうか?

新緑の風を、全身で感じましたか?

もしあなたがいまこの瞬間にいることができれば、

毎日の家族との会話や、近所の散歩、そして呼吸のひとつひとつさえも

奇跡の連続としかいいようのない輝きを持つことになるのです。

Return Top