ブッダプログラム

共振

共振

「共振」

何かこころに残る体験や、

感動をしたとき。

そこには記憶がたしかにあるけれど、

一番残るのは、

「共振」

の感覚。

自分の内側にずっと昔からあったけれど、

現実として現れたことが一度もなかったものが、

目の前にひらかれたとき、

あ…!!!

と、感じるその感覚。

共振。

自分の内側と現実の外側がひかれあい、

ふるえる、その感覚。

それは恋であるかもしれないし、

特別な人や、

自分に一番近い教えとの出会いでもあるかもしれない。

出会ったときから、

ふたつのものがゆっくりと振動をはじめて、

徐々に共振はつよさを増し、

あるとき

パーン!!

と内側と外側の境界線が弾ける。

こころが震える、と人がおもうとき、

実際には自分の内側にあるものが、

外側の現実とつながるために、

この共振を起こしている。

魂はこの体験を望んでいる。

無限の可能性を持つ魂として、その内側に存在する特定の方向性が、

外側にある現実のひとつの出来事へと結びつくとき、

共振を起こす、この感覚を魂は望んでいる。

そしてこの共振の感覚だけが、

死の境界を超えていくことができる。

それは愛と呼ばれるかもしれないし、

喜びと呼ばれるかもしれない。

まちがいなく言えることは、

私たちは誰もが待ち望んでいる。

自分の内なる感覚が

外のたったひとつのことと結びついて、

すべてがオープンになるその瞬間を。

その感覚を伝える術はどこにもない。

だから人はそれを唄にし、

物語にし、

その周辺をなぞることで、

その感覚につながろうとする。

だけどそれを実際に体験するまで、

それはただの形にすぎない。

共振を体験した人だけが、

唄や物語に託された

本当の意味を知ることができる。

Return Top